AML / CFT ポリシー

  • 制定日 : 2017年9月15日
  • 代表者名 : 川畑 裕介

株式会社Mr. Exchange(以下「当社」といいます。)は、リップルやビットコインなどの暗号通貨を含めて、各種通貨の売買を可能にするexchange.comを通じて金融サービスプラットフォーム(以下「本サービス」といいます。)を提供します。本サービスを通じて提供されている取引プラットフォームでは、銀行振り込み、物理的な現金自動預け払い機での現金入金、第三者のゲートウェイ、または第三者の取引所からの直接送金によってアカウントへの入金やアカウントからの引き出しが可能です。本サービス上では、公開市場でリップルやビットコインを売買する、または資金を無限に保有することができます。

当社は、中央銀行や法人、政府ではなく高度な暗号化と分散型コンピューティングパワーによって支払いが処理、保護される非集中型・分散型電子通貨/支払いシステムによって、(すべての金融システムでみられるように)違法使用のリスクがもたらされることを認識しています。しかし、当社は、数学に基づく通貨ネットワークを合法的に使用することにより、世界経済の中で莫大な便益と効率性がもたらされると考えています。したがって、当社は、革新的サービスと確立された個々の制御機構によってもたらされる個々のリスクに対して、法律による要求どおりにこれらのリスクに対応するために、これらの個々のリスクを評価できるように本ポリシーとそれに付属するAMLプログラムを実施しています。

当社のポリシーは、AMLと本人確認に関して適用される法律・規制を順守すること、および、マネロン目的での本サービスの使用、または、犯罪活動やテロリスト活動を手助けする目的での本サービスの使用を察知し防止することです。当社は、ユーザーのプライバシー保護に取り組んでいる一方、資金を洗浄する、詐欺やその他の金融犯罪を働く、テロリスト活動に資金を調達する、またはその他の違法な行為を手助けするために本サービスを使用することを許容しません。